NEWS 経営改善コラム・・・マーケティング、組織活性化、経営コンサルティング、健康経営、SDGs

SDGsと健康経営の関係性とは?企業にメリットが沢山!

SDGsと健康経営の関係性とは?企業にメリットが沢山!

SDGsと健康経営の関係って?

SDGsと健康経営

健康経営へ取り組むことで得られるメリットって・・・

健康経営とは、会社として社員のこころと身体の健康維持・増進へ取り組む活動です。
その結果、社員の安心感満足度会社への信頼度が高まり社外からは、社員を大切にする企業として認知されることで信用力も高まります

健康経営の取り組みは、SDGsの目標達成にもつながります

健康経営に取り組は、SDGsの目標3「すべての人に健康と福祉を」の取り組みにつながります。
そして、社内に浸透・定着していくことで、目標5「ジェンダー平等の実現」や目標8「働きがいも経済成長も」という目標達成にもつながっていきます。
そうなることで、社員が元気に、そして笑顔になることができて、会社の雰囲気が明るくなり、組織活性化につながっていきます。

さらに企業成長・事業成長につながります

健康経営が定着すると、社内の雰囲気が明るくなり、会社組織が活性化しますので、新たなアイデアの創造などにつながったり、社内コミュニケーションやディスカッションも活性化し、自社の強みや特徴を活かして、新たな事業へのチャレンジや展開へのつなげていくことができるようになります。


SDGsの知識を持っておこう

SDGs
 

世界が一体となって17の目標達成を目指している

近年、SDGsに取り組まれる企業も多くなってきています。
SDGsとは、直訳すると『持続可能な開発目標』という意味で、2030年までのグローバルな課題解決に向けて、世界の全ての人が協力して達成しようとする17の目標(ゴール)です。
具体的には、
目標1・・・貧困をなくそう
目標2・・・飢餓をゼロに
目標3・・・すべての人に健康と福祉を
目標4・・・質の高い教育をみんなに
目標5・・・ジェンダー平等を実現しよう
目標6・・・安全な水とトイレを世界中に
目標7・・・エネルギーをみんなに そしてクリーンに
目標8・・・働きがいと経済成長も
目標9・・・産業と技術革新の基盤をつくろう
目標10・・・人や国の不平等をなくそう
目標11・・・住み続けられるまちづくりを
目標12・・・つくる責任 つかう責任
目標13・・・気候変動に具体的な対策を
目標14・・・海の豊かさを守ろう
目標15・・・陸の豊かさも守ろう
目標16・・・平和と公正をすべての人に
目標17・・・パートナーシップで目標を達成しよう
という内容です。

経済産業省が力を入れて普及・浸透を推進しています!

詳細は、外務省のSDGsの案内ページをご覧になってみてください。
SDGsの理解を深めると、健康経営による会社組織の活性化だけではなく、新たな事業へのチャレンジに向けた発見や気づきにつながります!


外務省のSDGsの案内ページ

健康経営は、SDGsの目標3・5・7の達成に向けた取り組みです!

健康経営とは、企業が従業員の健康に配慮することで、経営面においても成果に告げていくというものです。健康管理を経営的視点から考えて戦略的に実践することと考えられています。
従業員の健康管理・健康づくりは、医療費を負担するという経費面だけではなく、生産性の向上や従業員の創造性の向上、企業イメージの向上などの効果につなげて、企業におけるリスクマネジメントとしても有効にする活動と考えます。
ですので、健康経営に取り組むことは、SDGsの
目標3【すべての人に健康と福祉を(あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する)】

に該当します。
そして、さらにその活動が浸透して定着していくと、
目標5【ジェンダー平等を実現しよう(ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る)】
目標8【働きがいも経済成長も(すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する)】

にもつながっていきます。
健康経営に取り組むことが、直接SDGsの目標達成に向けた取り組みにつながっていきます。

健康経営とはどのようなものなの?

SDGs,健康経営
健康経営は、各企業独自で社員の健康維持・増進に取り組んでいる活動がありますが、近年は、経済産業省が顕彰する健康経営優良法人認定制度があります。
この制度で認定を受けると、社員のこころと身体の健康維持・増進に取り組んでいることを広く認知されることにつながりますので、自社の社会的な信用力の向上や社員からの信頼性を高めることにもつながります。また、近年では、新規採用の応募者が増えるなど人員確保に役立つというメリットなどにもつながっています。

私たちの会社も健康経営優良法人の認定を受け、経済産業省のHPで紹介されています。ご覧ください!

健康経営の概要

ビジネス・キャリア検定
健康経営とは、定期健康診断を実施・推奨したり、社員のこころと身体の健康づくりに向けた保健指導やメンタルヘルス対策などをすることです。
経営健康優良法人認定制度は、健康課題に対応した取組や日本健康会議が進める健康増進の取り組みに対して、優良な健康経営を実施している法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人は、 第三者である国【経済産業省】が認証(「見える化」)することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができるという制度です。

健康経営優良法人認定制度の内容は下記ご案内動画もご覧ください。
【健康経営優良法人認定制度のご案内動画】


2つの対象区分

セクシャルハラスメント、パワーハラスメント
健康経営優良法人認定制度は、法人規模によって、2つの部門に分けられています。

①大規模法人部門
・製造業その他・・・301 人以上
・卸売業・・・101人以上
・小売業・・・51人以上
・サービス業・・・101人以上

②中小規模法人部門
・製造業その他・・・1人以上300人以下
・卸売業・・・1人以上100人以下
・小売業・・・1人以上50人以下
・サービス業・・・1人以上100人以下

健康経営優良法人認定基準

コロナ対策組織活性化コンサルティング
経営健康優良法人認定制度の認定基準は、大規模法人部門と中小企業法人部門で異なりますので、詳細は下記経済産業省HPでご確認ください。

健康経営優良法人認定制度のメリット【助成金も活用できます】

SDGsと健康経営
健康経営優良法人認定を受けると、大きく2つのメリットがあります。
ひとつ目は第三者機関【国・経済産業省】から健康経営を認証されることで、それが認知・浸透することで社会や社外からの信用度が向上します。
そして、ふたつ目は、社員の満足度が高まり、会社との信頼関係が深まり、社内活力の向上にもつながります。

社会や社外からの信用力向上

健康経営優良法人認定制度の認定を受けると、社会や社外からの信用力が向上するというメリットとして

自社のブランディングが高まる
新たな受注機会につながり、その拡大につながる
金融機関から有利な借入が可能になる
良い社員の獲得ができるようになる など

というたくさんのメリットがあります。

社内での信頼度の向上

経営理念再構築,経営コンサルティング
もうひとつのメリットは、社員からの信頼が高まるなど、社内での信頼度が高まることとして

社員が安心して仕事ができて、会社に勤めることができることで定着性が向上する
社員満足度の向上
社員のエンゲージメントとモチベーションの向上につながる
その結果、会社組織の活性化につながる など

そして、究極的なメリットとして会社の生産性が向上する(売上高の向上・経費削減・利益の向上)につながります。

健康経営で私たちの会社の社員も笑顔で元気になりました!

健康経営,SDGs
私たちの会社では、健康経営の取り組みで注力する点として「こころの健康」に重点を置いた目標設定して計画に基づいたメンタルヘルス対策を実施しました。
1年間実施した結果、社員からこんなうれしい声が挙がってきました。

・自分では気づかなかった心のストレスに気づけて、その解決方法まで教えてもらえてよかった
・日頃、運動不足なので、普段、自宅でも簡単にできるストレッチ運動などを教えてもらえてよかった

私たちは、まずは自分たちで健康経営に取り組み、成果につながったことを体験したことで自信を持って、その上で、お客さまと一緒に健康と笑顔を広げたい!という思いで健康経営の支援活動を推進しています。
写真はイメージです。

SDGsチェックリストを無料提供しています

自社の事業が、SDGsの目標達成に向けた活動をしていないか、改めて振り返ってみましょう。
「SDGs取り組みチェックシート」を無料で提供しています!
ご希望の方は、下記、メールフォームの「お問い合わせ内容」に「SDGsチェックリスト希望」と入力して「送信」ください。
SDGsを経営に取り込むために、まずは現状の事業について「SDGs取り組みチェックシート」を活用いただき、現状の整理をしてください。
各項目について、自社の取り組み状況を、「できている」場合は○印、「わからない」場合は△印、「できてない」場合は×印をつけて、SDGsで目指している17の目標のうち、自社が取り組んでいる目標を発信しましょう!

「SDGsチェックリスト」のチェックが終われば、「SDGsチェック結果適合表」をも併せてお送りしますので、自社が取り組んでいる事業が、SDGsの17の目標のどれに該当するのかを確認してください。

自社が取り組んでいるSDGsの目標を確認してください。
そして、それを情報発信するとともに社員への認知・浸透を図って、事業活動を活性化してください。
そして、さらに新たな事業展開のきっかけにしていただきたいと願います。

「SDGsチェックリスト」と「SDGsチェック結果適合表」無料申込はこちら

当社が提供するコンテンツのメリット

SDGs,健康経営,健康経営優良法人
コロナ禍で、先行きが不透明だったり、売上高が低下傾向にある、社員の将来に対する不安が高まっている・・・など、現在は、さまざま問題・課題を抱えている企業が多くなっています。
このような環境下では、自社の社会的な信用力を高めることと、社員からの信頼度を高めていくことが重要です。
今後、自社の成長を図っていくためにはとても大切なことです。
弊社では、健康経営の制度設計や導入・運営支援をはじめ、健康経営優良法人認定取得支援、そして健康経営を中心にしたSDGsを経営に取り込んでいくためのコンサルティング支援などを推進しております。
また、健康経営やそれを実施するための福利厚生施策導入・運営支援SDGsコンサルティングなどの内容は、下記のページでご案内しておりますのでご覧ください。
環境変化が激しく、先行き不透明な時代 SDGsの目標達成に向けた健康経営の推進を通じて、企業成長をご一緒させていただきます!
 
当社が提供する従業員満足度向上を図るための福利厚生施策の動画ご案内です。是非、ご覧になってください。

【コロナ禍での従業員満足度向上に向けた福利厚生施策充実のご提案】

健康経営・福利厚生施策支援のご案内【助成金も活用できます】

当社の健康宣言

ESサーベイ・ES調査・従業員満足度調査のご案内【健康経営に取り組む前の問題・課題点の洗い出し】

【お問い合わせはこちらをクリックしてください】

SDGsについてより詳しくお知りになりたい場合は、是非こちらのご覧ください!

当社は、SDGs経営をさまざまな角度からとらえて、各企業の皆さんが、今後、SDGs経営を進めるための支援活動を推進しています!

■SDGsの基本的なことを知るためにはこちらをご覧ください。
SDGsコンサルティングの詳細ページ

■中小企業の社長必見!SDGsの取り組み方や成功事例、メリットをご紹介をご覧になられる場合こちらをご覧ください。
SDGsコンサルティングのページ

■SDGsを経営に取り込むために経営者の方々と研究会を開催しています。SDGs経営研究会のご案内はこちらをご覧ください。
SDGs経営研究会のページ

■SDGs経営で売上と利益の向上を目指されている場合はこちらのページをご覧ください。
SDGs経営コンサルタントが、SDGs経営での売上の上げ方とメリットを分かりやすく解説します!のページ

■SDGsを経営に取り込んだ成功事例はこちらのページをご覧ください。
SDGsを経営に取り込んだ成功事例のSDGsを実践するコンサルタントが分かりやすくご紹介

自社のSDGsの取り組みをチェックしてみましょう! SDGsチェックリストを提供しています

自社の事業が、SDGsの目標達成に向けた活動をしていないか、改めて振り返ってみましょう。
SDGsチェックリストをダウンロードしてSDGsチェックをしてみてください。
そして、SDGsチェックリスト適合表を改めてダウンロードいただき、自社が取り組んでいるSDGsの目標を確認してください。
そして、それを情報発信するとともに社員への認知・浸透を図って、事業活動を活性化してください。
そして、さらに新たな事業展開のきっかけにしていただきたいと願います。

SDGs取り組みチェックシートダウンロード

「SDGs取り組みチェックシート」をダウンロードいただき、各項目について、自社の取り組み状況を、「できている」場合は○印、「わからない」場合は△印、「できてない」場合は×印をつけて自己診断してみましょう。SDGsで目指している17の目標のうち、自社が取り組んでいる目標を発信しましょう!

「SDGsチェックリスト」のダウロードはこちら

「SDGsチェック結果適合表」のダウロード

「SDGsチェックリスト」のチェックが終われば、こちらの「SDGsチェック結果適合表」をダウンロードして、自社が取り組んでいる事業が、SDGsの17の目標のどれに該当するのかを確認してください。

「SDGsチェック結果適合表」のダウロードはこちら


自社が取り組んでいるSDGs活動を、まずは社員の皆さんに社内浸透と定着を図り、外部に向かって情報発信をしてください。
これで、皆さんの会社もSDGs経営企業です!

コロナ禍の中、健康経営の重要性が高まっています。そして、健康経営の取り組みはSDGsの目標達成にもつながり、助成金を活用する方法などたくさんのメリットがあります!

経営改善コラム・・・マーケティング、組織活性化、経営コンサルティング、健康経営、SDGs一覧に戻る