NEWS 経営改善コラム・・・マーケティング、組織活性化、経営コンサルティング、健康経営、SDGs

NMRのDXへの取り組み
NMRがDXに取り組む背景
近年、デジタル技術は有効に活用され、DX(デジタルトランスフォーメーション)化に取り組むことで、生産性向上につながり、経済の活性化や社員の働きがいの創出などにもつながっています。
このような環境は、さまざまな業界で起こっており、各業界では、新たなサービスや役務が生まれ、新しいマーケットが創造されています。そして、従来のサービスや役務だけではなく、新たな取り組みにチャレンジしなければ、今後の経営は厳しくなっていきます。
デジタル技術が社会や自社の競争環境に大きな影響を及ぼす中、当社は、創業以来45年以上のコンサルティングの中で培ってきたノウハウとIT技術の融合によって新たな価値を創造します。
創業以来、さまざま環境変化が起こり、その都度、私たちの会社もクライアントさんへ提供するコンサルティングサービスも環境適応を図って進化してきました。その間には、さまざまなキャリアを蓄積することができました。そのキャリアの中には、DX化で求められている「業務に精通した人材」としてのキャリアがたくさん含まれています。例えば、「暗黙知」の「形式知化」、つまり「業務の見える化」や「仕事の可視化」のノウハウとキャリアなどです。
私たちは、これからDXに取組まれる皆さまと、まずはDXのベースとなる事業や業務、仕事の「見える化」をしてからDX化に一緒に取り組んでいきます。
そして、「IT技術に精通した人材(専門スキルを有する技術スタッフ)」とコラボレートして、最適なDX化を支援します。

当社のDXビジョン

コンサルティング業務キャリアとIT技術のコラボレーションによって、新たな価値を創造し、経済成長と働きがいある未来経営を実現します!

当社は、創業以来45年以上のコンサルティングの中で培ってきたノウハウとIT技術の融合によって新たな価値を創造します。
創業以来、さまざま環境変化が起こり、その都度、私たちの会社もクライアントさんへ提供するコンサルティングサービスも環境適応を図って進化してきました。その間には、さまざまなキャリアを蓄積することができました。そのキャリアの中には、DX化で求められている「業務に精通した人材」としてのキャリアがたくさん含まれています。例えば、「暗黙知」の「形式知化」、つまり「業務の見える化」や「仕事の可視化」のノウハウとキャリアなどです。
私たちは、これからDXに取組まれる皆さまと、まずはDXのベースとなる事業や業務、仕事の「見える化」をしてからDX化に一緒に取り組んでいきます。
そして、「IT技術に精通した人材(専門スキルを有する技術スタッフ)」とコラボレートして、最適なDX化を支援します。
私たちは、すでにお客さまと一緒に、このようなDX化に向けた取り組みを推進しています!

当社のDX戦略

NMRのDX戦略
当社がデジタルトランスフォーメーション(DX)化を推進することで、これまでになかった生産性の概念を生み出し、新たな価値を創造します!

お客さまのニーズに的確に応え、デジタル技術を用いることで新たな市場創造とサービスを創造していきます。
このDX戦略は、当社のビジョンである「新たな価値創造を続けるためのソルーションを提供すること」の実現にもつながります。
当社は、現在、会社組織活性化に向けた活動のシステム化によって、DX化に結び付けたコンテンツ開発を行い、新たな需要と価値創造を行い、事業展開に結び付けた展開をしています。
そして、生産性向上に向けた業務効率化と標準化(暗黙知の形式知化)とIT技術を結び付けた、新しい価値創造を推進しています。

DX戦略の具体的な展開

当社は、DX戦略の展開にあたっては、下記の8つの展開骨子で進めます。

1.社内ノウハウ「見える化」のブラッシュアップ

当社は、これまでコンサルティング業務の中で、「暗黙値の形式知化」や「業務の見える化」「仕事の可視化」などを進めてきました。現在も、社内のノウハウとしてマニュアル化などを進めているものの、今後は、そのノウハウの社内共有や、社員全員が業務に精通したキャリアをスキルとして発揮できるよう「ノウハウ」「スキル」の「見える化」を、さらに進め社員一人ひとりのマンパワーを高めます。

2.DX人材の育成と増員

デジタル技術やデータ活用に精通し、ビジネス領域にイノベーションをもたらすことができる人材を育成し、個々の活用シーンからシステムなどの構築ができ、チームとして連携できる人材を育成します。

3.社内基盤の整備

さまざまなイノベーションをもたらすことができる、デジタル技術の導入や自動化を実現する社内基盤を構築することで、業務の効率を最大にします。
社内基盤整備を通じた、新規ビジネスの拡充のため外部開発パートナー企業との連携体制も強化します。

4.外部との連携

今後、イノベーションをもたらすには、自社のリソースだけでは限界が出てくることあることが想定されるため、外部のプロフェッショナル機関との連携も強化します。

5.組織体制の強化

プロジェクトを進めるうえで、一定期間の成果が出なかったり、既存の業務とのカニバリゼーションなどが発生した際は、持続的に改革が進められる体制を整備し、プロジェクト推進はPDCAを行うことで、成果の検証と課題点の洗い出しなどを通じて製品開発等のスピードを持って進めます。

6.既存サービスの拡充

顧客や市場、業務内容に精通しつつ、デジタルで何ができるかを理解し、有効なシステムの基本設計などを行い、デジタル技術を活用したシステム化などを通じて、お客さまの問題解決を推進することで、既存サービスの質的な向上を図ります。

7.新規サービスの拡充

クラウド技術を用いた自社ソリューションサービスを拡充します。また、クライアント規模に応じた、各種ソリューションシステムを提供します。

8.社内DX戦略による労働生産性の向上

デジタル技術およびクラウドサービスの活用によって、情報の一元管理、データ連携と活用を促進することで、業務効率化を図り、労働生産性を向上します。

戦略を展開するための組織体制

DX戦略展開の組織体制
当社代表取締役を実務執行総括責任者とします。
DX推進部署の設置とデジタル人材を配置。ITに関する技術動向の把握や、新規サービス企画を実施します。
経営コンサルティング部内にDXソリューション課を設置し、マーケティングコンサルティング部、組織活性化部、管理部門と連携した体制としています。
また、専門性の高い分野においては、外部パートナーとの連携を図ってDXソリューションを展開します。

戦略の達成状況に係る指標と情報の発信

私たちは、DX化に取り組む中、PDCAマネジメントで管理し、成果の確認、課題点の洗い出し、そして、確実なブラッシュアップを図ることで新たな価値創造を推進しています。
特に、DXの取り組みについては、DXコンテンツが、当社の年間売上高に占める割合の、現状から、3年後、5年後の目標値を設定しています。
また、DXへの取り組みについての付加価値額を、現状、3年後、5年後の目標も設定していてます。
これらの指標については、社員全員が、目標を達成できるよう取り組んでいます。 また、この指標は、社外および社内の環境に変化なども踏まえて、四半期、半期、1年単位での検証活動を行い、社員全員の成果検証を全員で行っています。

当社の業績達成状況に係る基本指標

DX戦略略の達成状況に係る指標と効果的な戦略推進等を図るための情報発信
当社のKPIは、売上高、粗利益、営業利益、新規クライアント開拓件数(率)、新規クライアント開拓額(率)などに設定しています。
このKPIは、社員全員に細分化して割り振っていることから、社員全員にKPIを持たせることにしています。そのため、社員全員が、KPIの目標を達成できるよう取り組んでいます。
また、このKPIは、社外および社内の環境に変化があると、適宜、修正をして、全員が理解、納得した状況で目標達成ができるよう進めています。また、四半期、半期、1年単位での検証活動を行い、社員全員の成果検証を全員で行っています。

効果的な戦略の推進等を図るために必要な情報発信

当社は、第45期から自社およびお客さまに向けてのDX化に、本格的取り組んでいます。
第45期は、新型コロナウイルス感染症の影響によって厳しい業績となりましたが、それをきっかけに新たなDX化に向けたチャレンジを推進しています。
今後も、既存サービスの強化と新規ビジネス構築を加速させるため、DXソリューション課の設置によって、新たな価値創造を図ります。
また、2022年4月には、DXソリューション課を新設し、お客さまにDX戦略の実現を支援するための人材育成の充実を図ります。 これら取り組みを通じて、お客さまのDX化の支援を推進していきます。
また、当社のDXへの取り組みは、当社が発信している情報誌「NMR News & Topics(ニュースペーパー)」でも紹介しています。

代表取締役 中坊崇嗣

当社の取り組みとDX化へのチャレンジ

当社の取り組みとDX化へのチャレンジ2
当社は、これまで業務の見える化(暗黙知の形式知化)を進め、業務の効率化・標準化を推進してきました。
そして、近年では、さらにそれをベースに進化させることでDX化に取り組んでいます。
上記が当社の、これまで進めてきた「業務の見える化」から「業務効率化・業務標準化」から、「DX化」に取組んでいるプロジェクトの事例です。


経営改善コラム・・・マーケティング、組織活性化、経営コンサルティング、健康経営、SDGs一覧に戻る

小手先だけのコンサルでは結果は伴いません。まずはお問い合わせから

SDGsのことならNMR流通総研へ!

06-6305-6110