NEWS 経営改善コラム・・・マーケティング、組織活性化、経営コンサルティング、健康経営、SDGs

リアルタイムに社内情報を共有することでベクトル合わせと価値観共有を図り、効果的な動画教育ができる社内コミュニケーションアプリ WicsSのご紹介!

WicsSは、
Webinar・・・ウェビナー
Internal・・・双方向
Communication・・・コミュニケーション(考え方の共有や意思疎通)
Share・・・共有
System・・・仕組み
という意味を込めたキーワードを組み合わせたアプリツールの名称です。

新型コロナウイルス感染症が与える社内コミュニケーションと社員教育への課題

社内コミュニケーションアプリ、教育動画アプリ
新型コロナウイルス感染症が与える社内コミュニケーションと社員教育への課題として
・コロナ禍のリモートワークなどで社内のコミュニケーションが希薄になっている
・現状の社内の仕組みだけでは、社員全員での情報共有が難しい
・社員教育に限界を感じている など
新型コロナウイルス感染症の影響で、社内コミュニケーション、社員教育などの面で課題が多くなっています・・・
このような環境下では、社内コミュニケーションアプリを活用して社内コミュニケーションを活性化させたり、教育動画アプリによる社内研修などの有効性が高まり、導入する企業も増加しています。

ウェビナーとは

ウェビナーとは、インターネット上で動画配信を行うセミナーや研修のことをいいます。「ウェブ」と「セミナー」を合わせた造語で、配信内容は会社説明商品や製品紹介、講義など多岐に渡り、Webセミナーやオンラインセミナー、インターネットセミナーとも呼ばれています。
ウェビナーの配信方法は「リアルタイム配信」「録画配信」の2種類あります。
リアルタイム配信は動画をリアルタイムで配信する方法です。チャット機能を使用して、双方向でコミュニケーションを行うことで、講師と参加者のコミュニケーションのやり取りも可能になります。そのため、臨場感や一体感のあるウェビナーを体感することができます。
録画配信は、動画を事前に録画して配信する方法です。スライドなどの資料と併せて説明などができるため、コンテンツが充実したものも多くあります。さらに、繰り返し見ることができることから、内容を掘り下げて学習することができます。

ウェビナーのメリットとデメリット

ウェビナーはIT技術の普及で一般的に浸透しています。そのメリットもありますが、逆にデメリットもあります。
ウェビナーを活用するには、そのメリットとデメリットもあらかじめ認識を持ったうえで取り入れ方を考えていくことが重要です。

ウェビナーのメリット

・いつでも、どこでも参加できる(利便性)
インターネット環境とパソコンやスマートフォンなどがあれば、自宅やオフィスで手軽に受講できます。
・ウェビナーでは、周りには人がいないので、緊張感をあまり感じることなく気軽に質問などができますので、受講の理解度が深まります。(修得効果)
・ウェビナーでは会場費などの費用が不要なため、費用は安く受講できます。(コストパフォーマンス)

ウェビナーのデメリット

・インターネットなどの環境が整っている場所でなければ受講できません。(環境的制約)
・動画がフリーズなどする場合があるので、聞き逃しなどが発生する場合があります。(品質的制約)
このように、ウェビナーは便利で有効に活用できるツールですが、通信環境を整えておくことも大切なポイントになります。

社内コミュニケーションアプリ・教育動画アプリ WicsSのねらい

1.全社員のベクトルを合わせて、価値観の共有を図る
2.社内コミュニケーションを活性化させる
3.様々な学びや気づきの機会を利便性も踏まえて提供する
4.そして将来的に、DX(デジタル・トランスフォーメーション)につなげいく
そして、社員が自ら社内コミュニケーションと自発的なスキルアップを積極的に行動していく意識も高めます。

社内コミュニケーションアプリ WicsSの機能概要

ウェビナー,アプリ,価値観共有,コミュニケーション,
WicsSは、教育動画アプリとして社員がいつでもどこでも、自分の都合の良いときを活用して学習や研修受講ができます。

■教育動画アプリ受講の主な流れ
①ID付与
②スマホにウェビナーアプリをダウンロード
③新着情報をお知らせ
④提供コンテンツ
・リアルタイム動画
・録画動画
・音声発信(メッセージなど)
・PDF等データ配信 など
⑤動画閲覧後、アンケート機能を使用して質問していただけます。
全社員と双方向のコミュニケーションも可能です。
⑥社員からの要望でコンテンツを充実
「こんなコンテンツがほしい」などの要望をメッセージとしていいただければ、新たなコンテンツとして追加して、UPできると新着情報(●●さんからの要望の▲▲がUPされました!)としてお知らせします。社員さんの要望でコンテンツが充実できます!
<例>メンター活動の中で確認した、メンティの自分がなりたい将来に役立つコンテンツなど

社内コミュニケーションアプリ・教育動画アプリ WicsSが提供するメリット

・システムを活用することで受けたい人が受けたいときに受講できる(日時の制約を受けない)。
・受講者が人数によって年間契約金額が一定のため、受講者が多いほどコストパフォーマンスがよくなる。
・当社が提供する動画教育コンテンツは、頻度高く研修受講が可能なことから、各専門店スタッフのスキル向上とレベル感の均質化につながりやすい。
 など

社内コミュニケーションアプリ・教育動画アプリ WicsSの特徴

社内の動画マニュアルなどもいつでもどこでも閲覧することが可能なことから、仕事の効率的な支援仕事の病純化支援社員間でノウハウを共有するツールとして活用もできます。
そして、社長の年度方針発表などを動画配信したり、社員の人事異動情報新入社員紹介など、社内の活動や催しなどの情報を発信して、共有することで、社内コミュニケーション機能を補完する活用もできることから、社員のベクトル合わせや価値観共有、意思疎通、関係性の強化など、社内コミュニティとして、社内のチームワークを高めることにも役立ちます。




WicsSの活用例のご紹介

下記では、WicsSを社内コミュニーションを活性化、教育動画アプリを効果的に活用して効果的な社員教育に活用する事例をご紹介します。

活用例①リアル動画配信【社長から新年度の年度政策発表】

社内コミュニケーションアプリ・年度政策発表
事前に社員全員に、社長からの次年度の政策発表の日時等を事前通知でお知らせして、政策発表会の当日には、全国各地にで仕事をする、社員全員がオンラインで社長の次年度の政策発表をリアルタイムに視聴できます。
これによって、次年度の年度政策を社員全員がどこにいても、リアルタイムに共有することができます。

活用例②教育動画(録画)配信【管理職研修など】

社内コミュニケーションアプリ・社員教育
WicsSには、階層別研修や課題別研修の教育動画が満載ですので、自分が必要にとき、可能なときに観たい教育動画を観ることができます。
例えば、管理職研修を、継続している場合、新たに課長になった方も、過去の管理職研修を観ることができるので、途中から参加しても、その時に進めている内容についていくことがでるようになります。

活用例③録画配信【新入社員紹介】

社内コミュニケーションアプリ・新入社員紹介
新入社員が入社した場合などは、新入社員紹介動画のお知らせ通知を、社員全員に発信し、紹介動画を観てもらうことで、普段、接点のない社員情報も共有できます。
まだ人事異動があった際の情報なども共有することで社内の動きが社員名全員で共有できます。

活用事例④動画&データ配信【マニュアル確認】

社内コミュニケーションアプリ・マニュアル活用
必要なときにマニュアル確認を確認することができます。
マニュアルは、動画マニュアル、PDF等のデータマニュアルをUPしておくことができるので、業務に必要なときに確認することができるので業務の効率化や初めて担当する業務の教育ツールとしても活用できます。
例えば、緊急事態が発生した際には、BCPマニュアルを確認UPしておけば、社員全員が計画通り行動することができて、社員の安全確保が可能になります。

活用事例⑤社内優待販売情報発信

社内コミュニケーションアプリ・社内優待販売
社内優待販売などをされる場合は、その情報を、事前にお知らせ通知として発信し、社内優待販売のページを作成して、購入希望社員は申し込みができることで、社内の福利厚生施策として活動することもできます。

その他の活用事例

上記にご紹介した5つの事例以外にも、
■異動・配置転換
■成果・成功事例
■元気でがんばる社員紹介
■業界動向情報
などを社員全員で共有することで、社内コミュニケーションが活性化することでチーム力を高めることにつながります。
また、業界情報や競合情報などを共有することで、新たな戦略や事業展開を可能にすることにもつなげることができます!

WicsSは、社内で共有すべき情報をワンストップで、運用と一元管理を可能にします!




WicsSのご案内動画

WicsSの画面をご覧になっていただきながらWicsSの活用方法をご覧になっていただけます。



WicsSを自社に導入する場合はIT導入補助金を活用いただけます

2021年度に、当社はIT導入補助金のIT導入支援事業者として採択されました。
これによって、WicsSのアプリシステムを自社のシステムとして導入される場合、IT導入補助金を活用いただくことができます。
もちろんIT導入補助金の申請も支援をさせていただけます。

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、大きく2つの類型があります。
通常枠(A・B類型)は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートすることを目的とした事業です。
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることを目的としています。

低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は、新型コロナウイルス感染症の流⾏が継続している中で、ポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けて、労働生産性の向上とともに感染リスクに繋がる業務上での対人接触の機会を低減するような業務形態の非対面化に取り組む中⼩企業・小規模事業者等に対して、通常枠(A・B型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援するものです。

IT導入補助金の概要

IT導入補助金
 

サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局採択結果(当社掲載)はこちら 
IT導入補助金の詳細はこちら

WicsSは大阪府知事から経営革新計画認定を取得しました!

経営革新計画認定,社内コミュニケーションアプリ・経営革新計画認定
経営革新計画認定制度とは、中小企業等経営強化法に基づいて、新製品の開発や生産、新サービスの開発や提供などの新たな取り組みを行い、経営の基盤の強化に取り組む「経営革新計画」を作成して、都道県知事から承認を受ける制度です。
当社は、2022年3月に大阪府知事から、WicsSの事業について経営革新計画認定をいただきました。
WicsSは、今まで一般的に販売されている単なるコミュニケーションアプリとては異なる、まったく新しいサービスです!


【大阪府Webサイトの紹介ページはこちら】


当社は社内コミュニケーションアプリWicsSの提供を通じて、DXに取り組んでいます!

これまで集合研修を展開してきたノウハウを活かした教育ビジネスに、IT技術をコラボレーションすることで、新たに教育サポートプラットフォームを構築し、教育ビジネスのイノベーションを図りました。
これまでの教育ビジネスは、集合研修を中心に進めてきました。近年では、eラーニングや教育動画配信のサービスなども多くみられます。
当社は、これまで推進してきた教育ビジネスにおいて、「教育動画配信」をはじめ「ユーザー分析」「クラウド顧客管理システム」「教育サブスクリプションシステム」「イベントポータルサイト同期システム」などをワンストップで運用することができる、低コストで即実装可能な教育サポートプラットフォームを構築したことで、当社の教育ビジネスをイノベーションさせるDXの取り組みになっています。
私たちは、常にお客さまと一緒に、このようなDX化に向けた取り組みを推進しています!

経営改善コラム・・・マーケティング、組織活性化、経営コンサルティング、健康経営、SDGs一覧に戻る

小手先だけのコンサルでは結果は伴いません。まずはお問い合わせから

SDGsのことならNMR流通総研へ!

06-6305-6110