NEWS お知らせ

若年者就職基礎能力教育

若年者就職基礎能力教育

若年者就職基礎能力教育

若年者就職基礎能力教育
大学生・高校生が社会人としてふさわしい社会人常識やビジネマナーを習得し、就職活動で社会人スキルを自己アピールし、即戦力としてビジネスシーンで活躍できるよう、若年者就職基礎能力の教育を展開しています。

若年者就職基礎能力教育の概要

若年者就職基礎能力教育
1.就職がうまくいくための支援事業
就職については受け入れる側にとっても不安がつきまとって います。会社が求める能力を備えているヒトなのかどうか、こんな会社側が持つ不安をクリアにしておく、それが「若年者就職基礎能力支援事業」です。

2.会社が持つ不安は「就職基礎能力」の有無
会社が求める能力   =     就職基礎能力
学校で習得した能力   ≠     就職基礎能力         
 
3.会社が求める「就職基礎能力」の内容とは
各企業を対象に、新たに社会人になる方々に求める能力を調査した結果は、つぎのようなものです。そこで、これを「就職基礎能力」と定義しました。
①コミュニケーション能力・・・意思疎通・協調性・自己表現力
②職業人意識・・・責任感・向上心探求心・職業意識
③基礎学力・・・読み書き・計算計数・社会人常識
④ビジネスマナー・・・あいさつと話し方・接客訪問のマナー・言葉づかいと指示の受け方
⑤資格取得・・・情報技術・経理財務・語学力など

若年者就職基礎能力教育の進め方

若年者就職基礎能力教育
ステップ①
職業基礎能力適正度チェックで自分の強い所と弱い所を評価し、自己充足のための「目標」をつくる
各コースを順番にマスターしていく方法と事前に「自己評価」と「他社評価」で適性度チェックを行い弱点を抽出、それを「目標」として学習コースを選ぶ方法があります。

ステップ②
弱点クリアを目標に、つぎの該当する講座を受講する
基礎能力学習講座はつぎのとおりです。
(1)コミュニケーション能力
(2)職業人意識
(3)基礎学力
①読み書き
②計算
③社会人意識
(4)ビジネスマナー

若年者就職基礎能力教育の特徴

若年者就職基礎能力教育
当社独自の現状の自己チェックリストで、まずは、自分自身の強みと弱みの現状を把握します。
自己の強みと弱みを把握した上で、受講科目(ユニット)を決めます。
弱点を克服するための学習目標を立てます。
だから、受講がはじまれば、自分の弱い部分を重点的に学習できます。

テキストは、基本項目ごとに章立てされ、それぞれの章立てを体系立てて学習でき、テキストの構成も図表・イラストなどでわかりやすく解説しています。
だから、必ず、若年者就職基礎能力の基本体系がしっかりと自分のものになるのです。

大学生・高校生が社会人としてふさわしい社会人常識やビジネマナーを習得し、就職活動で社会人スキルを自己アピールし、即戦力としてビジネスシーンで活躍できるよう、若年者就職基礎能力の教育を展開しています。

お知らせ一覧に戻る