NEWS お知らせ

株式会社エヌ・エム・アール流通総研が提供する経営プラットフォーム

株式会社エヌ・エム・アール流通総研が提供する経営プラットフォーム

株式会社エヌ・エム・アール流通総研が提供する経営プラットフォーム

当社が提供する経営プラットフォームについてご案内いたします。

近年の経営環境

■現状の経営環境
●中長期的に緩やかな景気回復が続く
●そんな中、人口・生産年齢人口は減少している(各業界のマーケットの衰退)
●そしてグローバルな競争はますます激しくなる
●国内企業では人手不足の状態が続く など

■国はこのような状況の中で「Society5.0」を目指している
~「Society5.0」とは?~
日本政府による科学技術政策の基本指針のひとつで、科学技術基本法に基づき2016年以降5年ごとに改定されている「第5期科学技術基本計画」の中で登場したキャッチフレーズ。内閣府によれば「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会(Society)」というふうに定義されている。

●Society1.0 【狩猟社会】
一定の範囲内で活動し、動植物の狩猟・採集を生活基盤とする社会
●Society2.0 【農耕社会】
農耕によって定住しやすく、そこから規範が生まれ、共同体が形成される社会
●Society3.0 【工業社会】
文明開化に始まり、さらに産業革命によって製造業が盛んになる社会
●Society4.0 【情報社会】
情報が諸資源と同等の価値を有し、それらを中心に機能する社会

今後の経営課題

■今後の経営課題のポイント
1. 現存の経営資源を最大に活用した生産性の向上
人手不足の現状では、既存の社員で最大のパフォーマンスを発揮していくことが重要となる
2. 従業員確保と定着向上 【働き方改革】
新たな社員確保対策および既存社員の定着率向上に向けた取り組みが大切といえる
3. 社会的信用力向上
信用力を高めることは、競合企業との差別化に繋がるだけではなく社員確保の際にも有効といえる

■上記の経営課題の具体的な対策例
1. 生産性向上
●業務の効率化・標準化
●社員教育(意識面・スキル面) など

2. 働き方改革
●労働時間管理
時間外・有給休暇・フレックスなど
●多用な人材の活用
子育て中の女性・高齢者・外国人・介護をする人
●社員の意識高揚
マインド・モチベーション・スキルの向上
●働きがい・やりがいのある会社・職場環境の整備 など

3. 社会的信用力向上
●財務状況の見える化
●第三者認証の取得
●中小企業支援施策活用 など

4.(+α) 情報を活用した経営戦略
●モノへの投資
機械化による効率化・情報の蓄積と活用・情報セキュリティ
●ヒトへの投資
人材教育による情報の利活用 など

経営支援プラットフォームの全体像

企業を取り巻く経営環境は、近年大きな様変わりを見せています。こうした最中、今後企業が生き残りさらなる成長を図るためには、直面するであろうさまざまな経営課題への迅速・的確な対応が求められます。そして問題解決と経営向上に向け多面的にアプローチしていくとともに、組織改革をはじめとする“経営活動を最大化する取り組み”を行うことで、継続的な生産性アップを目指すことが必要となるでしょう。

1. 生産性向上
┗新規事業開発支援━新規事業計画・運営支援
┗販路開拓支援
┗FCシステム開発
┗階層別教育━課題別教育
┗管理職教育━ビジネスキャリア検定
┗社内資格制度━新入社員教育
┗人事考課制度━人事考課研修
┗業務分析・標準業務体系構築支援
┗電気代節減支援
┗管理業務等アウトソーシング支援
┗OA機器等導入による業務改善・経費削減支援

2. 働き方改革
┗労働条件・環境等改善等支援
┗就業規則整備支援
┗各種規則・規約整備支援

3. 社会的信用力向上
┗財務管理・決算支援
┗ISO認証支援
┗HACCP対策支援
┗申請・事業計画支援等

お知らせ一覧に戻る