■食料品スーパー新店売上高予測
食料品スーパーを店舗展開する企業で新たな候補2物件が出てきたことから、その物件の売上高予測を実施。1物件は、周辺のマーケット環境から算出。もう1物件は、それに加え現地調査を実施して算出。今後、出店が決まれば検証も進める予定です。2018.10
 
■食流品スーパー新規物件の売上高予測を実施
食料品スーパーを店舗展開される企業の新たな候補3物件の売上高予測を実施。マーケット環境と物件条件の両面から予測を進め、今後、出店が決まれば売上高予測結果の検証を進めます。2018.8
 
■食料品スーパー新規物件の売上高予測
食料品スーパーを店舗展開する企業の新たな候補物件のマーケット環境からの売上高予測を実施。マーケットは良く売上高予測は高い結果になりました。出店が決まれば検証活動も進めます。2018.7
 
■ショッピングセンター3施設のマーケティングリサーチ(市場調査)を実施
複数のショッピングセンターをPM(プロパティマネジメント)する企業の3つの施設で、毎年、継続してマーケティングリサーチ(市場調査)を実施し、最新の実態と前年からの変動実態から、今後の活性化に向けた提案活動を進めています。今年度も継続して実施しました。2018.7
 
■食料品スーパー新店売上高予測
食料品スーパーを展開する企業で、都心部に候補物件が出たため、その物件での売上高予測を進めました。今後、出店が決まれば検証も進めます。2018.6
 
■行政都市の若年層定住人口促進プロジェクトのマーケティングデータ分析を実施
行政都市の若年層定住人口促進のために行政都市が保有する各種マーケティングデータを総合的に分析して、定住促進に向けた方針設定と具体的な展開の方向性提案を実施しました。2018.5
 
■食料品スーパー2物件の売上予測を実施
食料品スーパーを店舗展開する企業の、新旧店候補2物件の売上高予測を実施。今回も出店が決まれば検証も進めます。2018.5
 
■食料品スーパー新規候補4物件の売上予測
新規出店候補物件4物件を対象に、物件周辺のマーケット環境と当該企業店舗の特性を踏まえたうえで、売上高予測を進めました。今後、出店が決まれば検証活動も進めます。2014.4
 
■大学と連携した大型ショッピングセンター影響度検証のマーケティングリサーチ(市場調査)
大学と連携して、大阪南部に大型商業施設の開業の影響と対策提案のプロジェクトを実施。私たちは、現状のマーケット環境の資料整備と交通量の変動予測などを進めました。学生たちは、新規大型商業施設対策提案をまとめました。2018.3
 
■食料品スーパー新規候補店舗の売上予測
食料品スーパーの出店候補物件を対象に売上高予測を実施。ひとつは、ショッピングセンター内立地であることから現地実査を実施して算出。もう2つはオープンデータから算出。今後、出店が実現すれば検証活動も進めます。2018.3
 
■商業施設のリニューアル構想提案
商業施設がリニューアルを進めるため、今回のマーケティングリサーチ(市場調査)は、来館者へのアンケート調査と来館者および周辺流動量のカウント調査結果から構想提案を実施しました。2018.3
 
■新規食料品スーパーの売上高予測
食料品スーパーの候補先物件に対して、マーケティングリサーチ(市場調査)活動結果から売上高予測を実施。今回も出店が決まれば実質売上高との研修も進めます。2018.1
 
■商業施設のリニューアル構想構築マーケティングリサーチ(市場調査)
駅立地の商業施設のリニューアル構想構築にむけたマーケティングリサーチ(市場調査)を実施。MD面、施設面、営業面の課題点を洗い出し、リニューアル構想構築に向けた各種提案活動を推進。2018.1
  
■ショッピングセンター活性化に向けたマーケティングリサーチ
リニューアルしたショッピングセンターが、その後、その集客力を維持できているかを検証し、今後、さらに集客強化対策および地域密着化対策提案を実施。2017.12
 
■流動量調査
ショッピングセンターのプロモーション活動の効果測定のための流動量調査を実施。国の施策を活用したプロモーション活動を実施後、その効果策定として継続実施。今年度も集客力が維持できていることを検証しました。2017.12
 
■食料品スーパー新規物件売上高予測マーケティング
食料品専門店、食料品スーパーを店舗展開する企業で新規出店候補物件が発生したことから、その物件での売上予測を実施。今回は、2つの業態別に算出予測を進め、当該企業店舗の平均的な売上高が見込める予測としました。出店が決まれば売上実績を確認して検証活動を進めます。2017.11
 
■ショッピングセンターマーケティングリサーチ・市場調査
ショッピングセンターの活性化を目的としたマーケティングリサーチ(市場調査)を実施。この施設では経年的にマーケティングリサーチ(市場調査)を実施し、現状実態把握と過去からの変動実態把握の両面から、今後の集客・地域密着化施策提案を進めています。2017.11
 
■ショッピングセンターのマーケティングリサーチ・市場調査
複数のショッピングセンターをPM(プロパティマネジメント)する企業の3つの施設でマーケティングリサーチ・市場調査を実施しました。この3施設は経年実施し、最新の実態把握と前年からの変動実態をつかみ、今後の集客強化施策と地域密着化施策の展開を支援しています。2017.8
 
■2つのショッピングセンターのマーケティングリサーチ・市場調査
複数のショッピングセンターをPM(プロパティマネジメント)する企業の2つの施設のマーケティングリサーチ・市場調査を実施しました。このクライアントの施設では、毎年もしくは定期的に各施設を対象に実態把握が行われ、事業計画活動検証とさらなるブラッシュアップを支援しています。2017.7
 
■新規出店候補食料品スーパーの売上予測
関西を中心に店舗展開する食料品スーパー展開企業が、関東の百貨店を対象に出店候補としてあがり、その物件での売上予測を進めました。関東の百貨店物件であることから、現地観察調査と周辺の競合施設観察調査を踏まえて算出を実施。今後、出店が決まればその検証活動も進めます。2017.6
 
■食料品スーパー3店舗の売上高予測のためのマーケティングリサーチ・市場調査
食料品スーパーを店舗展開する企業に新たな候補物件3物件が出たことから売上予測を進めるためのマーケティングリサーチ・市場調査ました。今後、出店が具体化すれば、設定した売上高の検証も進めます。2017.3
 
■新規商業施設開発のマーケティングリサーチ・市場調査
関西の駅前に商業施設開発が計画されることから、その商業施設の開発の方向性提案のためのマーケティングリサーチ・市場調査活動を実施しました。今回も、成功する施設開発に向けた方向性を提案しました。2017.3
 
■2つの商業施設と駅前商業地全体の方向性提案のマーケティングリサーチ(市場調査)
鉄道駅前の2つの商業施設を対象に、現状把握とそれぞれの今後の方向性を提案と、その商業地全体の今後の方向性提案のためのマーケティングリサーチ(市場調査)を実施しました。両施設の来街者へのアンケート調査と流動量調査の結果から、両施設と駅前商業地全体の今後の進むべき方向性を提案。今後の活動指針として活用いただきます。2017.1
 
■ショッピングセンターの経年マーケティングリサーチ(市場調査)
駅前ショッピングセンターで、3年に1回の頻度で実施されているマーケティングリサーチ(市場調査)を実施。この施設には新たな核店舗が誘致されたことからその成果検証も併せて進めました。集客力が高まっている結果となり、その高まった集客力を維持するための施策提案も進めました。2017.1
 
■ショッピングセンターの経年マーケティングリサーチ(市場調査)
駅前ショッピングセンターで、定点的に実施しているマーケティングリサーチ(市場調査)活動を実施。前回との比較を含め進めました。今回は全体的に厳しい結果となり、現在の厳しい商環境も影響しています。今後のさらなる集客力強化施策提案も併せて進めました。2017.1
 
2016年のトピックス記事はこちら>>
2015年のトピックス記事はこちら>>
2014年のトピックス記事はこちら>>
2013年のトピックス記事はこちら>>
2012年のトピックス記事はこちら>>
2011年のトピックス記事はこちら>>
2010年のトピックス記事はこちら>>

2009年のトピックス記事はこちら>>

2008年のトピックス記事はこちら>>

2007年のトピックス記事はこちら>>

2006年度以前のトピックス記事はこちら>>